CASINO初め2020 結果

4戦目 in WalkerHill at after COVID-19 カジノ

実績:+77M

プレイ時間:1+6+1=8時間

バイイン:500M

経費:2840(関西空港までの電車賃)のみw

コンプサービス:航空券ビジネスクラス往復✕1名、現地空港から送迎、ホテル2部屋✕1泊、食事2回✕2名、ルームサービス、サービス・クーポン50M

プレイ内容:ブラックジャック、バカラ

カジノコンプバンザイ\(^o^)/って実践でしたw

もしも(博打にタラレバやもしもはない!!)クーポンが無ければ、勝負に負けてた(T_T)

航空券など諸経費もコンプなので、実質は100M勝ちの内容でした!

また、3ターンの勝負のうち、6時間プレイした時にベットコントロールと勝負の流れが悪く、負け越してしまい、今回のピークの+120Mから+5Mまで一気に負けてしまったこと。初めと終わりの短時間勝負の時にどちらも勝っていたという、カジノあるあるの分かりやすい展開でした。

ブラックジャックもバカラも控除率が低いゲームではありますが、毎回勝つわけではありません。勝ったり負けたり、負けたり負けたりしながら、忍び難きを忍び、耐え難きを耐えてても連敗が続き、一枚目や二枚目のカードがどれだけ勝率が高くても最後まで勝つかは分からないし、せっかくナチュラルナイン、ブラックジャック(21)をタイ(引き分け)にされてしまうこともあります。

それでも勝つにはどうするか?

コマの上げ下げが肝要!

今回はホントに分かりやすく、勝負の流れで強く、大きく張った時の勝率が非常に高かったです。

逆に長時間プレイしてた時は勝負の流れが大変悪く殆ど負けてたので、無理やりベットを上げて、勝負に出てそこでも刈り取られるという救いようのない展開でした(T_T)

どんなにひどい展開でもフラットベッドだと必ず負けるので、全体の流れがどれだけ悪くても、なにか自分のジンクスやテーブルの微妙な空気、ディーラーチェンジ、ラストゲームなど、なにかのタイミングを見つけて普段掛けている5~10倍のベットを決行すること!そして、そのゲームで勝てたらそのターム、1シューターやその渡航でそれ以上は強く張らなくても勝てる可能性が上がります。

もしも、その決死の上げたベットが負けてしまったら・・・そして勝ちを諦めていないなら・・・絶対にそのベット以上強く張らなければ勝てません・・・

大きく張って負けたなら、その大きく張ったチップ量(金額)以上を掛けて、2回は勝負しないと勝たないのです。

2回負けたら、大きく張るのを3回以上、3回負けたら4回以上・・・

トータルの収支で負けてる時にこれを行うのはリスクしか無いし、気持ちも負け始めてるし、意識してなくても負けの回数と負け方、例えばせっかく出したナチュラルエイトを9で捲られるなどで、気持ちが殺されていきます。するとベットコントロールが荒くなったり、イライラして感情的になり、ディーラーに文句言ったり、他のプレイヤーの掛け方や張り方に文句言ったり、ブラックジャックであればベーシックストラテジーを逸脱したヒットやステイ、変則ボックスプレイ、バカラなら、スーパーシックスやペアなどサイドベットばかちに高額なチップを掛けたりします(全部見に覚えありますw)

そして、そんなことしてればすべて自分に返ってきて、負けが増えて、強く張る原資が無くなってしまい、トータルで必ず負けます(T_T)

今回は一緒に逝った友人がホテルの寿司屋を絶賛して、ホントに楽しく食事ができて、僕自身、本当のウニの美味しさを初めて知れて、本当にいいカジノ旅でした\(^o^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました